『障害者の就活ガイド』著者

紺野大輝

出会いで障がいは乗り越えられる

働く喜びを伝えたい

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。
私は現役の会社員として働く傍ら、障がい者雇用の啓発活動や就労支援を行っています。
「私は障害年金をもらっていて実家で暮らしています。正直、お金には困っていません。生きていく程度の蓄えなら十分にあります。けれど、働きたい。社会と関わっていなければ何のために生きているのかわからなくなるからです」
「私はこれまで周りの人に『ありがとう』をいうばかりの人生でした。しかし、働くようになって『ありがとう』を言われるようになりました」
これはこれまで出会った障がい者の方からいただいた声です。
自分の能力を活かして社会に貢献する。これが仕事の本質的な喜びです。
「就労を目指す障がい者を応援したい」
「障がい者の働く場を社会に広げたい」
そのような想いで現在活動をしています。

Topic

2018年02月17日

今日は都内の小学校の道徳授業地区公開講座で講演をしました。小学校のみなさん、ありがとうございました。

2018年01月27日

2月22日前橋市主催セミナーのポスターをアップしました。
https://www.facebook.com/kisekinorensa/

2018年01月21日

2月は、都内小学校での道徳授業、経営者向け障がい者雇用研修(市主催)が決まっています。

2018年01月20日

今日はあま市役所主催「障がいを理由とする差別の解消」研修で講演させていただきました。あま市役所のみなさま、ありがとうございました!

2017年09月04日

ナレッジプラザ主催「札幌マネジメント塾」で講演しました。

2017年09月02日

笑華尊塾主催イベントにて講演しました。

紺野大輝近影

プロフィール

1976年、北海道生まれ。

「脳性麻痺による脳原両上肢機能障害」という障害を持って生まれる。

「一生歩けない」と医師から宣告されるが、4年間の入院生活で歩けるようになる。

法政大学卒業後、都内老舗ホテルに5年間勤務。

当時、障がい者採用の存在を知らず一般採用で就職活動を行い、50社目に内定を受ける。

2006年、障がい者採用で転職をする。

現在は現役の会社員として働く傍ら、障がい者雇用の啓発活動や障がい者の就労支援を行う。